ASOMOが紹介する阿蘇の苺

◆苺の旬は・・・・

露地栽培で行っていた頃の苺は、春先から初夏の時期に旬を迎えますので、苺の旬は4月から5月だったようです。
しかしここ最近ではハウス栽培が盛んになり、冬のクリスマスシーズンに欠かせないケーキのトッピングとしての需要が増え、12月中旬から4月にかけての苺が最もおいしい時期になっているようです。そうです、まさに“これからが旬の苺”!!
さっそく阿蘇で採れる美味しい苺のご紹介をさせていただくことにいたしました!

◆阿蘇で採れる苺がおいしい理由

苺は果実の約90%が水分です。阿蘇の苺は、阿蘇の伏流水を使って育ちます。 阿蘇のきれいな空気と土壌、そして溢れるほど湧き出る水、そんな豊かな環境で育った阿蘇の苺は、格別に美味しいのです。
水よし!土よし!阿蘇の自然から生まれたいちごを阿蘇の畑から直送でお届けします!
スーパーでは手に入らない、鮮度抜群のいちごを是非ご賞味ください。贈答用にもご利用できます!
 

ASOMOの契約農家

古閑 豊一 さん

土壌にこだわり、減農薬で残留農薬ゼロを目指し栽培しています。安心で安全なお野菜をたくさんの人に食べてもらいたいです。

高藤農園(高藤 尚弥 さん)

ご主人の尚弥さんは実家が農家だったこともあり、幼いころから農業が身近な存在でした。
地元の高校を卒業後、大学では経済を学び、いずれは自分で会社を立ち上げたいを思っていました。現在は阿蘇市坂梨地区で、トマトとイチゴを作っています。 阿蘇は観光業の町。観光客に喜ばれるような、観光農園や、一息できていちごのスイーツなどを楽しんでもらえる直売所を運営していきたいと志しています。農業実習先で出会った千晶さんも尚弥さんを支えながらおいしいイチゴを育てています。

果実の国カップルズ(中山 晴喜さん)

果実の国カップルズは雄大な阿蘇山を眺めながら果物狩りができる予約不要の観光農園です。 秋にはりんご狩りとぶどう狩り、冬から春にかけてはいちご狩りが楽しめます。 安心、安全な果物作りをめざして、試験栽培で除草剤も化学肥料も農薬も使用しない無農薬りんごづくりや、有機栽培によるいちごや巨峰などの栽培にも積極的に取り組んでいます。


阿蘇のいちご特集

[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [9] 商品中 [1-9] 商品を表示しています

いちご ゆうべに 阿蘇娘(ASONKO) 約250g×1パック

700円(税込)

[古閑豊一]
1月より順次出荷

食べる人の健康を願って栽培しました。

いちご ゆうべに 阿蘇娘(ASONKO) 約250g×2パック

1,400円(税込)

[古閑豊一]
1月より順次出荷

食べる人の健康を願って栽培しました

いちご ゆうべに 阿蘇娘(ASONKO) 約250g×4パック

2,800円(税込)

[古閑豊一]
1月より順次出荷

食べる人の健康を願って栽培しました

ゆうべに 1パック

851円(税込)

[高藤農園]
12月より順次出荷

甘みと酸味のバランスの良いフレッシュな果汁と芳醇な香り


ゆうべに 2パック

1,728円(税込)

[高藤農園]
12月より順次出荷

甘みと酸味のバランスの良いフレッシュな果汁と芳醇な香り

恋みのり 1パック

851円(税込)

[高藤農園]
1月より順次出荷

酸味が少なく香り豊かでフルーティーな味わい

恋みのり 2パック

1,728円(税込)

[高藤農園]
1月より順次出荷

酸味が少なく香り豊かでフルーティーな味わい

いちご2パックセット

2,000円(税込)

[果実の国カップルズ]
1月中旬より順次出荷

カップルズの農園からもぎたて苺を2パックお届けします!


いちご食べ比べ 4パック

4,000円(税込)

[果実の国カップルズ]
1月中旬より順次出荷

阿蘇の農園から様々な品種のもぎたて苺をお届けします!



全 [9] 商品中 [1-9] 商品を表示しています
送料無料

商品カテゴリー

休業日

休業日は発送いたしませんのでご了承くださいませ

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28